もし、歯に痛みや違和感があったら……

一般歯科

どうして虫歯になってしまうのでしょうか?

それまでは何ともなかったのに、ある日突然、食事や歯みがきの際に違和感がある――

「噛んだ時の感覚がなんとなくいつもと違う」「冷たい物や甘い物を食べると歯にしみる」「歯の色が濃くなってきたような気がする」

上記のような、気になる症状はありませんか? このような症状の場合、もしかしたら、気づかないうちに虫歯が進行しているのかもしれません。

虫歯の原因

虫歯は、お口の中に潜む虫歯菌(ミュータンス菌など)が増殖し、この細菌が作り出す酸によって歯が溶かされることで起こります。虫歯菌が増える要因としては、次のようなことが考えられます。

  • ブラッシングの際、みがき残してしまう
  • 咬み合わせが悪いため、歯ブラシが行き届かず歯垢(プラーク)が溜まりやすい
  • 食事を摂る間隔が短く、歯が再石灰化する時間が足りない
  • 甘い食べ物の食べ過ぎ
  • もともとの歯質が弱い

これらは、丁寧なブラッシングや歯科医院でのケア、規則正しい食生活を心がけることで改善します。

虫歯の進行段階

虫歯の進行段階では、次のような症状がみられます。虫歯になってしまうと、自然に治ることはないため、適切な治療が必要となります。

進行段階 症状の特徴 治療方法
C0
C0
特に自覚症状のない、ごく軽い状態の虫歯。 丁寧なブラッシング、歯科医院でのフッ素塗布により治癒可能。
C1
C1
エナメル質が溶けた状態。まだ自覚症状はない。 虫歯の部分をできるだけ薄く削り、レジンなどを埋めて治療する。
C2
C2
虫歯が象牙質に進行した状態。冷たい物や甘い物が歯にしみる。 虫歯に侵された部分を削り、レジンなどの詰め物を入れて治療する。
C3
C3
虫歯が歯の神経にまで進行した状態。激しい痛みを感じる。 神経を取り除き、被せ物をして治療する。
C4
C4
歯の根まで虫歯が進行した状態。膿が溜まり、口臭が強くなる。 多くの場合、抜歯する必要がある。その場合は、入れ歯やインプラント治療を行う。

治療方針

当院では、患者様のお身体にかかる負担をおさえるため、次の4つのことを心がけた診療を行っています。

  • できるだけ歯を削らない
  • できるだけ歯を抜かない
  • できるだけ痛みをおさえる
  • 詰め物や被せ物に金属を使わない(ノンメタル治療)

麻酔を使用する際は、患部に塗布する表面麻酔と、極細の注射針を用いた局所麻酔を行いますので、ほとんど痛みを感じることなく治療を受けていただけます。また、なるべく歯を削らずに、自然な見た目を実現する素材を用いた治療を行います(※)。

さらに、当院では治療後の歯の状態を良好に保ち、お口のトラブルを未然に防ぐための予防歯科にも力を入れています。痛みなどの自覚症状がなくても、一度検診にご来院ください。検診は早期治療・早期治療につながりますので、ちょっとした違和感でも、どうぞ遠慮なくご相談ください。

※通常は保険診療の範囲で治療を行いますが、虫歯の大きさや程度、患者様のご希望により自費診療(保険適用外)となることもあります。